FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


とは言っても、どちらも本物なんですよ(^O^)

画像の2つは、北海道の冬にはよく見かけます。
見かけるというか、目立つんですが。

一つは植物です。
ヤドリギと言います。
鳥によって運ばれ、排泄物と一緒に落ちまして。
表面の肉の部分は鳥のお食事に。
種は消化されないままになります。
非常に粘り気のある成分を持っていて、その粘り気が木にひっかかる訳です。

ヤドリギは寄生植物で、芽を出した先の植物から栄養を貰いながら成長し、重さに耐えられなくなると落下。
森の中で、秋に見かけます。

もう一つはカラスの巣なんですが、放棄された巣には雪が積もり、巣の持ち主はいないと分かります。
カラスや野鳥の巣を見ると、どこに作るかで、その年の天気がわかると言います。
昨年は割と木の先に作っていて、やはりといいましょうか…風はあまり強くなかったですね。
台風も少なかったし。
どうやって解るんだかf^_^;

本物と偽物というタイトルの訳ですが、ヤドリギは、かなりの方に、鳥の巣だと思われています。
鳥の巣を探している方にとっては、偽物ですよねf^_^;

ヤドリギは、あんな姿ですが、生きています。
逆にカラスの巣は折った枝などで出来ている為、生きている訳ではありません。
だから雪が積もるんです。
スポンサーサイト
 

<< ハボタンの花 | Home | ストレプトカーパスの品種 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。